スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和菓子作り体験はいかが?「杵屋」[体験/駅前]

姫路の和菓子をつくろう

城下町・姫路はお菓子文化が栄えた町。
美味しいお菓子は町中にあるけれど
せっかくなら和菓子を自分で作ってみませんか?

和菓子づくり体験
[店名]杵屋
[住所]姫路市二階町95
[予約電話]079-267-2333
[予約の方法]当日でも予約はできますが事前申込みをおすすめします。
 ※通常は5名以上で開催

*****************************************

城下町としてお菓子化が栄えた姫路。
08年春に開催された姫路菓子博の来場者数はなんと92万人。
きっとだれもがびっくりしたはず!(笑)
ただ、老若男女問わずみんなお菓子が大好きなんだなあ、と実感しました。

さて、今回ご紹介するのはそんなお菓子を食べるのではなく
「作る」体験です。
洋菓子はみなさん、家でケーキやクッキーなど作られるとおもうのですが
なかなか和菓子は作ることがないですよね。
そんな和菓子を職人さんにじかに教えてもらえるんですよ!



和菓子作り体験を開催されている杵屋さんにお邪魔しました。
こちらでは実際の店舗の2階個室で教室が行われています。

IMG_1543-のコピー


自慢にもなりませんが、私は昔からクラス一、不器用といっても過言ではないほどの
不器用クイーン!そんな私が和菓子を作れるのでしょうか。なんだかドキドキです。

この日、集まったのは6名。少人数からでも体験できるのがうれしいです。

kine1.jpg

講師は岩田工場長。この道33年の和菓子職人さんです。

iwatayori-01.jpg

この日作ったのは、春の上生菓子。
お手本として先生が作ったものがおかれていますが。

美しい・・・・。
kine2.jpg

あやめ、さくら、そして きんとんの3種。
おもうに、今まで和菓子をいただくときは
「わあ、きれいねー」
「わあ、おいしいねー」

・・・終わり。

で終わっていたんですが。
まじまじとみると、本当に精巧にできているんですよね。

さて、目の前におかれた、あん。
IMG_0673-01.jpg

先生に教えていただきながら、つくっていきます。

まずはあやめ。
IMG_0675-01.jpg

のばして・・・・
IMG_0676-01.jpg

白あんをつける。

この白あんのフチをぼかしていきます。このぼかしがきれいかどうか
によって美しさがきまるんだそうです。
IMG_0677-01.jpg

あんこをのせて、にぎにぎにぎ・・・・
IMG_0678-01.jpg

IMG_0679-01.jpg

うわー! できない!
いや、できるんですが、できない。
うまく、できないんです。



濡れふきんで、まるめて・・・・

できあがり。

この和菓子の造形って本当によく考えられているんです。

たとえば、さくらの花びら。
指で押してから、棒で割れ目をつける。
この棒も、角によって太さや鋭度が違うんですよ。
特にこのさくらの花びらの造形はむずかしくて
参加者の器用さが本当に如実にでていました(笑)
参加者の1人は花びらを6枚、つくってしまったんですが
これ、やりなおし。
さくらの花びらは5枚しかないから、だそうです。
季節をうつす和菓子のこだわり。
kine4.jpg
ちなみに、このうつっている桜の中で
ブサイクof the ブサイクな作品がわたくしのです。




そし次にそぼろのきんとん。
kinton-01.jpg

私、このいそぎんちゃくっぽいものはどうやってできているのかと
おもってました。
昔、赤ちゃんのお遊び用で、粘土をいれると髪の毛部分から
「にょーーーーー」ってでくる人形があったんですが、そのように
「にょーーーーー」っていう機械を使うのかなと。

で、今回つかったのはこれ。(体験用)

本当はちゃんと専用のちゃんとした、大きなものがあるそうですが
今回は体験用なので「あみかご」
kine9.jpg
これにアンを押し付けると
kine8.jpg
でてきました!そうそう、これこれ!

kine7.jpg

これを餡にくっつけます。(これが簡単なようで難しい!)
kine10.jpg


そしてピンクのあしらいをつけるのですが。

これ、です。毛どうし。
さっきと同じ、「ニョ~」の原理なのですが
もっともっと細かい目をとおってでてくるので
それはそれは
繊細な線でできます。
kine11-01.jpg

なるほどなあ~。
和菓子の文化は単に「お菓子」というだけでなく
芸術であり生きた文化なのではと
感じたひとときでした。

先生いわく、季節のものを想い浮かべてデザインをするんだそうですよ。

さてこの3つの和菓子は、ちゃんと持ち帰り用の箱に入れていただいて
もってかえることができます。(そして1つ、お土産にお店の商品もつめて
いただけます♪)
kine5.jpg


また最後に500円の杵屋さんの金券をいただけますので
帰りにお土産をかってかえることもできます♪
IMG_1548-のコピー

食べるだけじゃなく、せっかく姫路にこられたなら是非是非
体験して帰ってみてくださいね。

体験料 1人1,500円(所用時間50-60分)
※当日予約可ですが、事前予約がおすすめ。

tag : 駅前

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

杵屋@姫路 二階町 喫茶 和菓子

姫路市二階町にある喫茶店 『 杵屋 本店 』 姫路二階町にある創業100年の老舗和菓子店併設のカフェ。 姫路で和菓子の杵屋というと知らない人はいないというほど 老舗中の老舗だ ...

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

杵屋さんで、手作り和菓子体験なんて出来るんですね~♪
すっごく体験してみたいです!!!
でも、私も不器用の代表みたいなもので、家庭科2でした・・・(ToT)

和菓子ってすごく繊細なお菓子なんですよね。
高価だな~ってイメージがあるけど、手作りを経験すると繊細さが分かって納得出来て買って食べれそうです。

機会をみてチャレンジしてみますね☆

おもしろかったですよ

ぜひぜひ!あたらしい発見ができました。
いままで無造作にたべてたんですが

「おお!すてきな割れ目!」とか

そんな変な目線ができてしまった(笑)
日本の手仕事について考えてしまいますよ。
姫路ちゃりマップダウンロード

姫路ちゃりマップ表(ダウンロード7.99MB)


姫路ちゃりマップ裏(ダウンロード4.76MB)


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。

ランキング
このブログをより多くの方に伝えるため、1人でも多くの方にクリックのご協力をお願い致します。
プロフィール

手ん子森マップ

Author:手ん子森マップ
このプロジェクトは姫路を訪れる観光客に姫路の魅力をもっと伝えたい!というアツき想いのもと、「地元っこが愛してやまないオススメの情報」を取材し、紹介していきます! By ひめじのマップを一緒につくろうProjectチーム 特派員一同 This page is runned by Himeji-lover to introduce Himeji's tips for visitors.

地域カテゴリー
ジャンル別
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。