スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元っこに愛される洋食の店<スリースリー> 〔洋食/城周辺〕

お城から自転車で5~8分ほど。
親子代々の常連さんもいる昔ながらの洋食屋さんですよ。
kasu.jpg
特派員 かすぴ

KOI_0463.jpg
[店名]洋食屋 スリースリー
[住所]姫路市南八代町16-8
[電話番号]079-292-8965
[Open]11:30〜14:30/17:30〜20:30
[営業日]金・土・日 昼夜共に営業
      水・木   昼のみ営業
〔定休日〕月・火

*********************

姫路城の西、静かな街の中にあるのが、洋食屋スリースリー。

KOI_0458.jpg

昭和41年、神戸のホテルでシェフをされていたオーナー・高岸光雄さんが、奥様の順子さんとオープンされました。
KOI_0439-01.jpg

メニューも、店内も開店当時のまま。昭和レトロ感あふれ、若い人には新しい、年配の人には懐かしい店内。そのせいか親、子、孫三代で来店されるお客さんもおおいそうです。

今回はこのお店の人気メニューであるチキンカツを定食でいただきました。

KOI_0450-01.jpg

まず、こちらで使われている食材、すべて仕入れはそれぞれ、きまった業者さんから。冷凍のものは一切使わず、ソース、ドレッシング、マヨネーズにいたるまですべて手作り。

KOI_0435-01.jpg


で、このチキンカツ、食べる人が女性、男性により、カツにする鳥の部位が変えるんだそうです。女性は、柔らかく、脂肪が少ない、ムネ肉。男性は、かみごたえのある、モモ肉が使われます。このようなオーナーの細かい配慮が、人気の秘密かもしれません。

そして洋食には欠かせない調味料なのが“ソース”。まず、メリケン粉を4時間から5時間茶色になるまで焼いておき、その間に牛すじを炒め、トマトピューレで1日半から2日間煮込み、煮汁と焼いておいた粉をあえて作られる、とても手間のかかっているソースなんです。店内には、そのソースのほのかな香りが残っています。このような香りがあるのも、洋食屋さんならではの味わいなのかもしれません。

KOI_0452.jpg

で、このチキンカツ、外は、サクサク、中はジューシーな絶妙の火加減。オーナーの心のこもったソースはとても美味しいです。サラダも自家製のドレッシングで、あっさりしていながらもしっかりとした味で、これもまた美味しい。美味しい以外の言葉が見つからないくらいのおいしさ。ぜひお店にいってください。若い人には新しい、年配の人には懐かしい味、お店の雰囲気をたのしんでいただきたいです。

KOI_0444-01.jpg


〔特派員おすすめメニュー〕  
 チキンカツ 1050円  ライス 180円
 ハンバーグ(1100円)、ビーフシチュー(2000円)もおいしい!
〔その他〕 
 子供・・・ベビーチェア有/子供メニュー有 オムライス、コロッケ、ハンバーグなど
 外国語 不可/アレルギー、ベジタリアンなどは要望に応じて相談可/禁煙

スポンサーサイト

tag : 城周辺

姫路ちゃりマップダウンロード

姫路ちゃりマップ表(ダウンロード7.99MB)


姫路ちゃりマップ裏(ダウンロード4.76MB)


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。

ランキング
このブログをより多くの方に伝えるため、1人でも多くの方にクリックのご協力をお願い致します。
プロフィール

Author:手ん子森マップ
このプロジェクトは姫路を訪れる観光客に姫路の魅力をもっと伝えたい!というアツき想いのもと、「地元っこが愛してやまないオススメの情報」を取材し、紹介していきます! By ひめじのマップを一緒につくろうProjectチーム 特派員一同 This page is runned by Himeji-lover to introduce Himeji's tips for visitors.

地域カテゴリー
ジャンル別
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。