スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ、オープン!天空の白鷺

今しかみれない姫路城をみにきて♪
matsuoka.jpg 特派員 ねねやん





いよいよ、3月26日(土)より

「天空の白鷺」がオープンします!!!

http://www.himejijo-syuri.jp/

平成の大改修が昨年より始まった姫路城ですが
「姫路城が見れない」とお嘆きの観光客のみなさま

いえいえ、こんなときだからしかみれない
お城がみれます!
天空の

これ、なにかといいますと
「修復中のお城を外から見る」
のですよ。

姫路城をとりかこんだ足場には
エレベーターがつけられていて
間近で姫路城が「外側」から見れるんです!


ちなみに見学に際しての予約を現在受け付けているようです。
(必ずしも必要ではないようですが、混雑をさけるためのとのこと)


ぜひぜひ、今しかみれない姫路城を見に来てください!

私も楽しみです!

マメ知識:英語で今回の「天空の白鷺」は「Egret's View”
     と名づけられたそうです。
     なるほど、すごく的確でイメージしやすいなあ、とおもいました!
スポンサーサイト

姫路城改修定期報告①

50年に1度と言われている、姫路城平成の大改修が行われています。
これから定期的に、姫路城の様子をレポートしていきます♪

さて・・

現在の様子はこのとおり。

IMG_3365.jpg


クレーンがここまでくると、

ああ、やってます!!!改修してます!って感じが
地元民にとってはひしひしと・・・・。
IMG_3366.jpg


現在、入場できる場所が制限されています。

IMG_3367.jpg


天守には入れませんが、西の丸などにははいれます。

入場料も安くなっています。

tag : 姫路城

姫路の”キニナル”① 〔看板/駅南〕

matsuoka.jpg 特派員 ねねやん(赤ちょうちんが大好きです)

春ですねー。

姫路城も桜のシーズンを迎え、
また平成の大修理を前に、行列をなしています。

えらいことになっています。

ぜひ、姫路城だけでなく、姫路のいろんな場所に
足を伸ばしていただければ幸いです。

さて、まったくもって今回はお店紹介ではないですが。

特派員のつぶやき、みたいなもんでしょうか。
取材のときにみつけた
ちょっと「キニナル」もの。


まったく意味なく、

取り上げてみたいなあとおもっています。

もし、みなさんが散策途中に
「なにこれ?」
とキニナルものがあったら是非教えてください。

そして、誰か、それについてご存知の方がいらっしゃったら
教えてください。情報おまちしております。

さて、勝手に。今回の「キニナル」

***************************

駅南の喫茶店「あいてるよ」

aiteruyo.jpg


でも、いつもしまっています。


お店の方はやめられたんでしょうか。





古い街並にふく新しい風   [まちあるき/野里]

さて、野里の街歩きシリーズ。
最後になります、この4回目は、
若いオーナーが「このまちで新しいことを始めたい」と
オープンしたこだわりのスポットをご紹介したいと思います!

takaharas1 特派員ひろーき(自営業/野里生まれのB級グルメ好き)

*****************************************

今回は、野里商店街の北から、順にご紹介していきましょう

ease_gaibu-01.jpg

まずは、野里商店街の北の端、黄色い壁の外装が目をひく
「cafe & dish EASE」
店内に入ると、ボードゲームやアナログレコード盤が置いてあったりする
懐かしいような新しいような空間が広がっています。

ease_naibu1-01.jpg


ゆっくりと いい雰囲気の中で、くつろげますよ。
自家焙煎コーヒー、パイなどの手作りケーキが美味しいです。
もちろんお酒もいろいろあります。

ease_hito-01.jpg

照明を少し落とした店内に流れる音楽にもこだわりがあって
月に何回か音楽イベントも行なわれていますよ~!

続いて、「EASE」から南にすぐにある中華料理「紅鶴」
benituru_gaibu-01.jpg

創業10年を機に09年11月に野里に移転オープンして大きなお店になりました。
野里の町並みに合わせて
店の外見は白壁と木格子の町屋風になっています。

benituru_naibu-01.jpg

店内に入ると、フローリングの床に
カウンターやモダンなテーブル席のある高級感とスタイリッシュな雰囲気。
客席から厨房が見渡せるオープンキッチンの設計で、2階には大きな個室もあります。

benituru_naibu2-01.jpg

キッチンで料理人が美味しい料理を作ってるのをみながら、
本格的な中華料理をゆっくり味わうことが出来ます。

benituru_hito-01.jpg

ランチ営業もやっていますよ~。

さて、「紅鶴」から少し南にあるのが、
09年2月にオープンした花屋「モブス」

mobbs_gaibu-01.jpg

外からではなかなか花屋とわかりにくいお店でしたが、
最近お店の前にフラッグが建てられたり、お店の前に花を出されたりと、
段々と 野里の町並みに溶け込んできました。

mobbs_naibu3-01.jpg

白と黒のコントラストが印象的なモダンな建物は、
「新しい形の町屋」としてデザインされたそうです。
細長いかたちの店内も、白と黒を塗られたモダンな内装で、花のラッピングもおしゃれにしてくれます。
異業種とのコラボ企画展などもやられているようですよ~!

さて、「モブス」からちょっと南に歩いていくと、
「井上書林」「ジェム・カフェ・ハナ」が並んであります。

09年12月に老舗の本屋「井上書林」が、
カフェと書店が融合したブックカフェとしてリニューアルオープンしました。

syorin_gaibu-01.jpg

お店の外観は宝石箱をイメージされたそうで、
中は陽の差し込む カフェが併設された明るく開放的な空間です。


syorin_naibu2-01.jpg


本は児童書を中心に置いてあり、
子どもや親子連れのために木のおもちゃやパズルなどの雑貨が。
カフェではモーニングもやっています(8時~11時)。
syorin_naibu3-01.jpg

ジュエリーの展示もされており、カフェを楽しみながら
宝石を見る楽しみもありますよ~!



さて、最後は野里銀座からもすこし南へ、
歩道橋のすぐ横にあるパン屋「ジュウィール」です。

juweel_gaibu-01.jpg

アレルギーっ子のパン専門店として頑張っている「ジュウィール」。
「無添加は 勿論の事。材料も、極力 人の手が掛かっていない 自然なスタイルの物を」
という信念で、素材にこだわりを持って作っておられます。

juweel_hito-01.jpg

juweel_naibu-01.jpg

juweel_naibu2-01.jpg

ジャムやカレーやあんやレーズンなどの副資材も手作り、
とことん無添加にこだわっています。
しかも、とても美味しい!こだわりのパンです。
ぜひ HPで そのこだわりをご覧になっていただき、 
http://mutenkapan.jp/
そのパンがどれほど美味しいか
1度お店に行ってみてくださいね。


さて、最後になりましたが、このシリーズで紹介できませんでしたが、
野里には まだまだ 他にも いろんな お店がありますし、いろんな面白い人がいます。
sinobue_-01.jpg

また、これからどんどんと新しい店も 増えてくると思います。
india_mise-01.jpg


このシリーズを読んで 野里にご興味をもたれた皆さん、
ぜひ、古さと新しさを同居させながら変わっていく野里を訪れて、歩いてみてくださいね~。
nozato_kanban-01.jpg

お待ちしております~!


「cafe & dish EASE」 カフェ
姫路市威徳寺町69 TEL & FAX 079-281-7583
http://www.eonet.ne.jp/~ease/
月曜~土曜 15:00~24:00 日曜15:00~22:00 定休日 水曜と第1日曜


「紅鶴」中華料理
姫路市威徳寺町14 TEL079-223-4040
11:30~14:30 17:00~22:00 定休日 水曜

「モブス」 花屋
姫路市威徳寺町27  TEL 079-286-8783
9:30~19:30  定休日 木曜


「井上書林」「ジェム・カフェ・ハナ」 書店/ジュエリーカフェ
姫路市大野町53-3 TEL井上書林079-225-1141 ジェム・カフェ・ハナ079-221-8686
8:00~19:00 定休日 日曜・祝日・年末年始


「ジュウィール」 パン屋
姫路市鍵町34
079-284-2940 予約専門フリーダイヤル0120-842-847
7:30~15:30  定休日 日曜 木曜 http://mutenkapan.jp/

tag : 野里

江戸の風情あふれる町並み 船場城西地区[まちあるき/船場城西]

姫路駅から徒歩15分。歴史の情緒あふれる城下町•船場
城西地区を紹介します!
この地区は、秀吉が楽市を開いた場所で、
町の中心を通る西国街道は参勤交代の要路でした。
現在も江戸の風情のある町並みが多く残っていて、
是非ぶらり立ち寄ってほしい場所です!

sunami1 特派員すなみ(会社員/姫路のアートスポット探してます)


まずは、まちのシンボル船場本徳寺のご紹介!
senbagobou-01.jpg


このお寺は京都•東本願寺の別院で、まちの人からは
「御坊さん」の愛称で親しまれています。
1618年姫路城主・本多忠政の時代に真宗大谷派(東本願寺)
船場別院本徳寺としてこの地に創設されました。
明治には旧姫路中学校の前身である勧開中学校がここで開校し
、崇徳学園が開設される等、教育の振興に寄与した場所です。
現在は二ヶ月に一度楽市が開かれ、大盛況♪

PAP_0040-02.jpg

rakuichi-01.jpg



手作り雑貨やおいしものがたくさん並びますよ♪
その他楽しいイベントがもりだくさん!

敷地内には明治天皇の行在所や、
anzai-01.jpg

西南戦争の石碑、
seinan-01.jpg

そして第一次世界大戦の際に収容されていたドイツ兵が作った
セメント制の望郷塚など、貴重な史跡がたくさん残されています。

boukyouduka-01.jpg


ここは西国街道~!

saigokukaidou-01.jpg

「したにぃ~したに!」なんてお殿様の行列が通った場所。
道沿いにある町家の二階が低いのは、
お殿様を見下ろさないようにするために定められた形式だったんだそう。


この石碑は、車橋という船場川にかかる橋の石碑。

kurumabasi-01.jpg

池田輝政が築城の際に石材や木材を車で運んだ事から
車橋の名前ががついたと言われているそうです。
今はマンションの片隅で、ひっそりと住民の安全を見守っています。


この場所は、今はなにもない場所ですが、
幻の飾磨県庁が建っていた場所なのです。

sikamakenchou-akichi-01.jpg

廃藩置県が行われた際に飾磨県となり、ここにはその県庁舎が
建てられました。

sikamakenchou-01.jpg

その後すぐに港のあった神戸に県庁が移され、兵庫県に。
県庁舎は数日間の任務を終えてお役御免となったのですが、
その立派な建物は増築されて日赤病院となり、長い間町のシンボルとして
愛されていました。

しかし、病院の移転が決まり、建物は解体。
今はなにもありませんが、是非この地に赴き、
往事の姿を偲んで頂きたいです。

この地区は蓮如上人が説法に歩いた場所で仏教と縁が深い事、
そして城下町で漆塗りの産業が発達していたことから、
まちにはたくさんの仏壇工房があるんです!
作られているのは、姫路の伝統工芸である姫路仏壇。中扉が、
内にも外にも折れるのが特徴なんだそうです。

こちらは原田光明堂制作の姫路仏壇です。

butudan-01.jpg

たくさんの行程を分業されています。
職人さんの技術にウットリ!!

shokunin1-01.jpg
shokunin2-01.jpg


こちらは、仏檀の漆塗りの技術を生かして、
祭り屋台の漆塗りに携わられている砂川仏檀店制作の屋台装飾

mikosi-01.jpg

灘のけんか祭りや魚吹八幡神社の秋祭りなど、たくさんの祭り
屋台の漆塗りを手がけておられます!豪華絢爛!美しい~^^


こちらは景福寺
keihukuji-01.jpg

姫路藩主酒井家の菩提寺として、
群馬の前橋から移ってこられたそうです。
隣の景福幼稚園には酒井家奥方三代のお墓もあります。

okugatasanndai-01.jpg

裏山の山頂には姫路城主•松平明紀のお墓もあり、
姫路城十景に数えられるビューポイントです!
見よ!この大パノラマ^^

himejijou-01.jpg


こちらは見星寺

kennshouji-01.jpg


寛延2年に起きた船場川の洪水の犠牲者を弔う
菩提碑もあります。

kennshouji-tomurai-01.jpg

白壁が美しいこの建物は、室町時代からこの地にあるそうです


ここは江戸時代に高瀬舟が往来していた船場川の船着き場。
色んな物資が運ばれて、町が賑わっていたんですね。

funairisekihi-01.jpg


姫路城へお越しの際は、是非是非お城を支えたこの船場城西
町にも足を運んでみて下さい!
歴史のロマンに、虜になるはずですよ^^

船場城西の会ホームページ
http://www.himesen.com/
(まち歩きツアーの案内ボランティアや、楽市等のイベント企画開催中!
まちあるきツアーでは、
無料で各名所の案内が受けられ、仏壇工房の見学もできます♪)

tag : 船場城西

姫路ちゃりマップダウンロード

姫路ちゃりマップ表(ダウンロード7.99MB)


姫路ちゃりマップ裏(ダウンロード4.76MB)


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。

ランキング
このブログをより多くの方に伝えるため、1人でも多くの方にクリックのご協力をお願い致します。
プロフィール

手ん子森マップ

Author:手ん子森マップ
このプロジェクトは姫路を訪れる観光客に姫路の魅力をもっと伝えたい!というアツき想いのもと、「地元っこが愛してやまないオススメの情報」を取材し、紹介していきます! By ひめじのマップを一緒につくろうProjectチーム 特派員一同 This page is runned by Himeji-lover to introduce Himeji's tips for visitors.

地域カテゴリー
ジャンル別
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。