スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲鉾を食べながら、芝桜を♪「ヤマサ蒲鉾 芝桜の小道」(イベント/夢前)

一面の芝桜を、期間限定で楽しめるのが今!
姫路駅から車で約30分弱。
夢前にある「ヤマサ蒲鉾」本社にて
芝桜が見頃を迎えています

特派員 ねねやん(会社員/やっぱり焼き鳥がすき)
平成22年4月30日ヤマサ2

ヤマサ蒲鉾
姫路市夢前町置本327-16
tel:079-335-1055
芝桜の鑑賞会
4/16(土)~5/5(祝)まで無料開放

**************************

夢前町にある、ヤマサ蒲鉾さんは

姫路が誇る2大カマボコ会社の1つ!

美味しい蒲鉾は駅前でも購入できますし、
姫路おでんなんかにも使われているのですが

ここの工場はかなり楽しいのです!

シンボルマークの「巨大カニ爪!」ででーん!
これ、夜みるとちょっとだけ不気味です(笑)
IMG_5450.jpg

IMG_5452.jpg

まず「夢鮮館」という、つくりたてもかまぼこが
かえるコーナーがあり、目移りします。
IMG_5488.jpg
IMG_5493.jpgIMG_5492.jpg



私はもちろん、その場でかって、食べてしまう派です。

その他にも「足湯」などもあるのですが

この季節は工場裏手にある「芝桜の小道」
を楽しむことができます。

ここはおよそ18万株の芝桜が植えられているらしく
いろとりどりの花が楽しめます。
平成22年4月30日ヤマサ3



夜のライトアップも美しくて
徒歩で約10分ほどの小道には
ろうそくがともされます。
その数、なんと約3500個!
(毎日、ろうそくを灯して、消して…を繰り返されているんですね)
IMG_5477.jpg

真っ暗闇の森の小道、
川のせせらぎが聞こえてくる中、
ろうそくの火にともされた光景が幻想的でした。
IMG_5485.jpg

写真で表現できないのが本当に残念!!!!

ライトアップはもう終わっているのですが
(4月28日、29日の2日だけ)
IMG_5484 のコピー


お昼間の芝桜の光景は5月5日まで鑑賞できます。

お近くに行かれる際は是非♪

スポンサーサイト

疲れたココロとカラダに効く!家島の情報はコチラから♪

播磨灘に浮かぶ、家島諸島。
姫路駅から姫路港までバスで20分。
港から船で約30分。

「ちょっとそこまで」気分で
まったく違う「島時間」が流れる家島諸島。

あったかくなったら皆さん、是非是非いってみてください。
島時間と、人なつっこい島の人々が
きっと貴方を虜にするはず☆
ふらりといって、ぼーっとするのもよし。
おいしいお魚をたべにいくのもよし。

疲れたココロと、体に効きます!

そんな家島を案内するサイトやブログが
わかりやすくリニューアルされています。
その中でも個人的に好きなサイトをご紹介します。

特派員 ねねやん(会社員/島がすき!)
いえしま




******************************

まずはこちら。
家島観光事業組合さんによる家島の情報発信サイト」

http://h-ieshima.jp/
名前そのまんまやん! というのはさておき

わかりやすい!

そして写真がイイ!!!

食べ物の写真は垂涎モノだし、
風景の写真も
いってみたくなるような、そして本をよんでいるかのような
美しさ。

いいなーーー。すごく、素敵です★



こちらは、いえしまコンシェルジュとして活動している
中西和也くんがブログをアップしています。

http://www.ieshima-guesthouse.org/blog/

彼は元々は大阪出身で、家島の人間ではありません。

が、家島に惚れ込み、移住を決意。

「ヨソモノ」としての視点から家島を見ているから面白い。

地元の人がさらりと流しそうなところを
ちゃんと押さえてくれているのがいいなーと。

ああ、私もまた家島にいきたくなってきました。
みなさんも是非♪









tag : 家島

和菓子作り体験はいかが?「杵屋」[体験/駅前]

姫路の和菓子をつくろう

城下町・姫路はお菓子文化が栄えた町。
美味しいお菓子は町中にあるけれど
せっかくなら和菓子を自分で作ってみませんか?

和菓子づくり体験
[店名]杵屋
[住所]姫路市二階町95
[予約電話]079-267-2333
[予約の方法]当日でも予約はできますが事前申込みをおすすめします。
 ※通常は5名以上で開催

*****************************************

城下町としてお菓子化が栄えた姫路。
08年春に開催された姫路菓子博の来場者数はなんと92万人。
きっとだれもがびっくりしたはず!(笑)
ただ、老若男女問わずみんなお菓子が大好きなんだなあ、と実感しました。

さて、今回ご紹介するのはそんなお菓子を食べるのではなく
「作る」体験です。
洋菓子はみなさん、家でケーキやクッキーなど作られるとおもうのですが
なかなか和菓子は作ることがないですよね。
そんな和菓子を職人さんにじかに教えてもらえるんですよ!



和菓子作り体験を開催されている杵屋さんにお邪魔しました。
こちらでは実際の店舗の2階個室で教室が行われています。

IMG_1543-のコピー


自慢にもなりませんが、私は昔からクラス一、不器用といっても過言ではないほどの
不器用クイーン!そんな私が和菓子を作れるのでしょうか。なんだかドキドキです。

この日、集まったのは6名。少人数からでも体験できるのがうれしいです。

kine1.jpg

講師は岩田工場長。この道33年の和菓子職人さんです。

iwatayori-01.jpg

この日作ったのは、春の上生菓子。
お手本として先生が作ったものがおかれていますが。

美しい・・・・。
kine2.jpg

あやめ、さくら、そして きんとんの3種。
おもうに、今まで和菓子をいただくときは
「わあ、きれいねー」
「わあ、おいしいねー」

・・・終わり。

で終わっていたんですが。
まじまじとみると、本当に精巧にできているんですよね。

さて、目の前におかれた、あん。
IMG_0673-01.jpg

先生に教えていただきながら、つくっていきます。

まずはあやめ。
IMG_0675-01.jpg

のばして・・・・
IMG_0676-01.jpg

白あんをつける。

この白あんのフチをぼかしていきます。このぼかしがきれいかどうか
によって美しさがきまるんだそうです。
IMG_0677-01.jpg

あんこをのせて、にぎにぎにぎ・・・・
IMG_0678-01.jpg

IMG_0679-01.jpg

うわー! できない!
いや、できるんですが、できない。
うまく、できないんです。



濡れふきんで、まるめて・・・・

できあがり。

この和菓子の造形って本当によく考えられているんです。

たとえば、さくらの花びら。
指で押してから、棒で割れ目をつける。
この棒も、角によって太さや鋭度が違うんですよ。
特にこのさくらの花びらの造形はむずかしくて
参加者の器用さが本当に如実にでていました(笑)
参加者の1人は花びらを6枚、つくってしまったんですが
これ、やりなおし。
さくらの花びらは5枚しかないから、だそうです。
季節をうつす和菓子のこだわり。
kine4.jpg
ちなみに、このうつっている桜の中で
ブサイクof the ブサイクな作品がわたくしのです。




そし次にそぼろのきんとん。
kinton-01.jpg

私、このいそぎんちゃくっぽいものはどうやってできているのかと
おもってました。
昔、赤ちゃんのお遊び用で、粘土をいれると髪の毛部分から
「にょーーーーー」ってでくる人形があったんですが、そのように
「にょーーーーー」っていう機械を使うのかなと。

で、今回つかったのはこれ。(体験用)

本当はちゃんと専用のちゃんとした、大きなものがあるそうですが
今回は体験用なので「あみかご」
kine9.jpg
これにアンを押し付けると
kine8.jpg
でてきました!そうそう、これこれ!

kine7.jpg

これを餡にくっつけます。(これが簡単なようで難しい!)
kine10.jpg


そしてピンクのあしらいをつけるのですが。

これ、です。毛どうし。
さっきと同じ、「ニョ~」の原理なのですが
もっともっと細かい目をとおってでてくるので
それはそれは
繊細な線でできます。
kine11-01.jpg

なるほどなあ~。
和菓子の文化は単に「お菓子」というだけでなく
芸術であり生きた文化なのではと
感じたひとときでした。

先生いわく、季節のものを想い浮かべてデザインをするんだそうですよ。

さてこの3つの和菓子は、ちゃんと持ち帰り用の箱に入れていただいて
もってかえることができます。(そして1つ、お土産にお店の商品もつめて
いただけます♪)
kine5.jpg


また最後に500円の杵屋さんの金券をいただけますので
帰りにお土産をかってかえることもできます♪
IMG_1548-のコピー

食べるだけじゃなく、せっかく姫路にこられたなら是非是非
体験して帰ってみてくださいね。

体験料 1人1,500円(所用時間50-60分)
※当日予約可ですが、事前予約がおすすめ。

tag : 駅前

駅前でいい湯だな♪気軽にお風呂「森の湯」(銭湯/駅南)

駅前で疲れてほっと一息したいアナタ
冬の寒空の下、カラダの芯から暖まりたいアナタ
夏の暑い日に、ひとっぷろ浴びたいアナタに
おすすめです!
特派員 ねねやん

IMG_0354-02.jpg

[店名]リフレッシュスペース 森の湯
[住所]姫路市南駅前町25
[電話]079-222-4174
[Open]13;00~24:00 日曜のみ09:00~24:00
[定休日]第1・3・5水曜
***********************************

駅から徒歩約7分。自転車だと5分以内でいける、リラクゼーションスペース
「森の湯」。
駅南にはビジネスホテルが多いのですが、ゆっくり大きなお風呂につかりたい
方におすすめ!

ビルの2階にある森の湯は
明るくて気持ちがいいんです。
銭湯であまり日があたらないところってありますでしょ?
ここは日中、ひざしがさんさんとはいってくるので
昼風呂にも最適!

入浴料410円。
手ぶらでらくらく(タオル、石鹸、リンスインシャンプー、入浴料)
550円です。

清潔感があってとてもいい感じ!
マッサージコーナーもあって、疲れたビジネスマンにはちょうどいいかも!

IMG_1248-01.jpg




tag : 駅南

掘り出しものがゲットできるかも? 「三左衛門バザール」[スポット/駅南]

駅から自転車で3~5分。毎月第3日曜日にフリーマーケットが
開催されます。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ

neneyankame.jpg特派員 ねねやん

IMG_0619-01.jpg


[イベント名]三左衛門(さんざえもん)バザール
[開催場所](株)パナホーム兵庫 南駐車場
[開催日]  毎月第3日曜日 10時~14時
       雨天中止(当日7時の時点で判断)
[問い合わせ]パナホーム兵庫 バザール事務局
       姫路市三左衛門堀西の町205-2
[tel ] 079-224-8766

************************************

駅南、キャッスルグランヴィリオホテルの南側の駐車場で行われている
フリーマーケット。なんと8年前から行われています。
IMG_0631-01.jpg
IMG_0632-01.jpg
IMG_0635-01.jpg

リサイクル品や手作り品などを並べた30ブースが出展。
生き物、食べもの以外はなんでもOK!なんだそうです。

元々、ゴミを減らすリサイクル、エコロジカルな目的で開催されている為
家庭で不要になったけれど、捨てられないものをリサイクル、という意味で
日用品が多くみえました。

靴や、骨董品。子供さんが読み終えた漫画をうったりしています。
IMG_0634-01.jpg


私も廻っているうちにどんどん欲しくなり買ってしまいました!
秋冬コート。300円!(安い!)
IMG_0625-01.jpg

傘(ノーブランド)200円! かわいい!
ちょっとだけ錆びたりしていますが、まあ気にしないということで。
IMG_0628-01.jpg
IMG_0627-01.jpg


他にも、アウトドアセットなどがありました。ああ、ほしいなあ・・・
ちなみにこのフリーマーケットの出展費は緑化基金に寄付されているんだそうです。

もしかして掘り出しものが見つかるかも!

<パナホーム兵庫 三左衛門バザール>
http://www.ph-hyogo.com/phh/b07_a.html

tag : 駅南

姫路ちゃりマップダウンロード

姫路ちゃりマップ表(ダウンロード7.99MB)


姫路ちゃりマップ裏(ダウンロード4.76MB)


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。

ランキング
このブログをより多くの方に伝えるため、1人でも多くの方にクリックのご協力をお願い致します。
プロフィール

手ん子森マップ

Author:手ん子森マップ
このプロジェクトは姫路を訪れる観光客に姫路の魅力をもっと伝えたい!というアツき想いのもと、「地元っこが愛してやまないオススメの情報」を取材し、紹介していきます! By ひめじのマップを一緒につくろうProjectチーム 特派員一同 This page is runned by Himeji-lover to introduce Himeji's tips for visitors.

地域カテゴリー
ジャンル別
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。